読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【PinとくるWebマンガレビュー】試したくなる丼料理と素朴な男女の掛け合いが楽しい「どんぶり委員長」

「孤独のグルメ」のロングヒットに端を発する、グルメ・料理マンガの氾濫はとどまることを知らないようだ。「ダンジョン飯」が「このマンガがすごい!」最新ランキングで1位を獲得した2016年現在も、次から次へと新たな食マンガが生まれている。正直別に食べ物が出てこなくてもいいのではないかと思う作品も多い中、双葉社のサイト・WEBコミックアクションにて連載されている「どんぶり委員長」は、シンプルながら好感の持てる良作だ。

「どんぶり委員長」はその名のとおり、“丼料理縛り”のグルメマンガである。学校でクラス委員長を務める女子(ちなみに名前は不明)は調理実習中、先生の指示を無視し料理をした男子・吉田の作っていた親子丼に心を奪われる。そして翌日、自らのために親子丼を作ることを彼に要求したことを皮切りに、さまざまな食材を使った丼ものを吉田くんにリクエストしていくことになるのだった。基本的に1話完結で、委員長が食材や料理に心奪われる→「○○でどんぶり作ってくれる?」と委員長が吉田に言う→吉田が丼料理を作る→委員長がそれを食べて感動、というストーリーで物語は進んでいく。

f:id:pinga_comic:20151216012125p:plain
「どんぶり委員長」1話より、ドヤ顔で吉田に丼料理を要求する委員長。黒目がちなところがキュートだ。

ステレオタイプにツンデレな委員長と、飄々としつつ気のいい吉田くんとの掛け合いは、素朴な絵柄も相まってとても心地よい。また丼料理オンリーという制約から放たれる、簡単で美味しそうな丼料理の数々は思わず試してみたくなること請け合い。たまに「これはあまり合わないのでは……」と思うレシピがないわけではないが、その味を想像するのもまた楽しく、これまた自分で作ってみたくなる。

webaction.jp

f:id:pinga_comic:20160119150835p:plain
「どんぶり委員長」1話より。丼の美味しさに「んんんー」しか言えなくなっている委員長。

ちなみに「食事シーン=濡れ場」であると語っていたのは久住昌之だが、本作の1話ほどそれが明確にわかるものもあるまい。厳格な家庭で丼メシなど食べたことがなかった委員長が、「んんんー!」と顔を赤らめ、幸福な顔をしながら親子丼を頬張る姿。これを見た読者の頭には「即堕ち」「丼には勝てなかったよ…」というワードが浮かぶに違いない。「食ってるところをエロくすりゃいいんだろ」とでも言いたげな作品も多い中、実に高いレベルで食事シーン=濡れ場を描いてみせた好例だ。

作者の市川ヒロシは2001年から別冊ヤングマガジン(講談社)で連載されたギャグマンガ「2人暮らし」で注目を浴び、以降パチンコ雑誌などで作品を発表してきた。「2人暮らし」でも見ることのできた、ずれた男女が織り成すやりとりの妙は健在。そこに市川本人が実際に趣味としているという料理のこだわりがブレンドされ、新たな代表作といえる作品が出来上がった。今後も委員長と吉田がどのような丼料理を作ってくれるか注目したい。

(文/安井遼太郎)