読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来漫研 Vol.3 赤松健 熱きコレクター魂を胸に、マンガ家を守るべく奮闘!「マンガ図書館Z」の仕掛人を突き動かすものとは(後編)

特集 インタビュー 未来漫研

未来漫研 Vol.3 赤松健 熱きコレクター魂を胸に、マンガ家を守るべく奮闘!「マンガ図書館Z」の仕掛人を突き動かすものとは(後編)

凡人には見えていない「マンガの未来」について著名人に語ってもらう特集企画「未来漫研」。第3弾となる今回は「ラブひな」「魔法先生ネギま!」などのヒット作を手がけ、現在も週刊少年マガジン(講談社)にて「UQ HOLDER!」を連載中の赤松健にインタビューを行った。

絶版となったマンガ作品などを電子書籍として配信する「Jコミ」を2010年11月に始動させた赤松は、その後サイトの名称を「絶版マンガ図書館」と変更して、2015年8月には動画サイトを運営する株式会社GYAOと提携。株式会社Jコミックテラスを設立し、それまでのサービス内容を刷新した「マンガ図書館Z」をオープンさせた。インタビューの後編では赤松に今後の展望を語ってもらった。

取材・文 / 熊瀬哲子

「マンガ図書館Z」

絶版書など出版社が取り扱わないマンガ作品を電子化し、広告付きで無料配信する電子書籍サイト。51カ国語への自動翻訳に対応したビューワーを搭載しているほか、電子透かし入りPDF版のダウンロード販売も行っている。月額300円のプレミアム会員サービスでは広告の非表示、R18作品の閲覧などが可能。さらに好きな作品のPDFを毎月1冊ダウンロードできる。

» マンガ図書館Z

私なりの電子書籍への考えがある

──赤松さんが「Jコミ」として活動を始めて「マンガ図書館Z」に至るまでの間に、ネット業界にもさまざまな変化があったと思います。電子書籍も広く普及しましたが、赤松さんも日常的に利用することはあるのでしょうか。

f:id:pinga_comic:20160308161846j:plain
赤松健

私は「マンガ図書館Z」以外、金を払って利用したことはないです。もし電子化するんだったら文字列検索はできないとダメだし、買ったからにはDRMなしで手元のあらゆる端末にコピーできないとダメ。もしその電子書籍会社が潰れたら読めなくなるなんてことは論外。……といった形で私なりの電子書籍への考えみたいなものがあるので。それが改善されない限りはあまり使う気がないです。

──1冊も買われたことがない?

ないです。他社の無料キャンペーンのものなら、何冊もダウンロードしましたが(笑)。まあ倒産しないだろうという企業もありますけど、販売元の会社が潰れたら購入した電子書籍が読めなくなるって酷くないですか? 「マンガ図書館Z」は違いますよ。PDFとして保存することもできますし、Webなら自動翻訳もできる。

──PDFとして手元に保存しておけることももちろんですが、翻訳機能もとても便利ですよね。しかも51カ国語という豊富なバリエーションで……。

あとウチは作者の取り分が非常に高いんですよね。PDF販売だと印税40%とか、広告収益だと100%とか。作者の都合を考えると、ウチ以外では買う気にならないでしょ(笑)。

国会図書館の書籍データを利活用したい

──今後はどういった目標を持って活動されていくのでしょうか。

私の最終的な目標は国会図書館のデータの利活用ですね。国会図書館にはたくさんの書籍データが収蔵されているんですが、今のところあまり有効には使われていない。あれを作者に利益がいく形で活用して、日本文化や国民の役に立てるのが私の夢です。もちろんネット上に無断でアップされている作品もすべて集めて、作者のために、文化のために役立てたい。「絶版になった全作品の海賊版のデータと国会図書館のデータを作者に結びつけて、作者自身の収益として100%還元」できればゴールです。5年以内にできればすごいな……というところでしょうか。

──すごい! それを5年で!

誰もそれをやろうとしてないから。やらなきゃいけないと思ってますよ。

──5年以内にできる見通しが立っている?

f:id:pinga_comic:20160308161847j:plain
赤松健

別に立っていません(笑)。しかし、どうなるかは今年中にはわかると思います。「ああ、やっぱり無理だった」になるのか、「いけるかも!」になるのか。

──そこまで進めることができたのはGYAOと提携を結んだことが影響しているのでしょうか。

GYAOは無料動画をCMやバナーといった広告付きで配信しているところだから、広告関連に強いんです。あとは今「マンガ図書館Z」のアプリ開発も行っているんですが、その開発力もある。マンガ家との折衝は私自身でやれるのでいいんですけど、そのほかの部分では手が届かないところも多かったので、やっぱり組んでよかったと思っています。

創作の場を守る活動にやりがいを感じる

──バランスよく仕事の分担ができていると。それでも週刊連載を行いながら「マンガ図書館Z」の活動を行っているのは、改めてお話を聞いてもすごいなと思いました。寝る時間はあるんでしょうか?

全然寝てますよ!(笑)最近脳梗塞とか心筋梗塞で倒れる作家が増えてきていて、やっぱりちゃんと睡眠は取らないとダメですよ。私も今は細かなところをアシスタントにお願いしているので助かってます。例えば私がJコミックテラスに出社している日は、アシスタントからLINEで「4ページ目の背景できました」と報告してもらって、私はそれをクラウド上でチェックして「よしOK。じゃあ次は6ページ目の大きな背景を……」とLINEで指示を出す。そういった形で原稿を進めています。

──効率よく作業を進行することができるんですね。

いやあ、でもそろそろダメかなと。限界かもしれない(笑)。

──えっ!

というのも、今私は少年マガジン内でも2番目の長老なんですよ。私より若いマンガ家さんたちは、一挙2話掲載を3週連続でやったりして、パワーがすごい。「七つの大罪」の鈴木央くんなんてアシスタントなしで描いてるのに……すごいですよね(笑)。でもこの間鈴木くんたちと飲み会で話したときに感じたのは、彼らはとにかく「描くことが大好き」で、しかも決して揺るがない「自分の世界」を持っている。そういうのを見ると、「こいつら本当にマンガが好きなんだな」と思って。それに比べたら私はそこまでマンガを描くことは好きじゃないから。

──ええっ、今更そんな(笑)。

マンガを描くのって結構面倒くさいんですよ(笑)。

──20年以上活躍されているマンガ家さんから、まさかそんなぶっちゃけた発言が出るとは思いませんでした(笑)。

逆に、これは編集者的な考え方ですけど、私個人としては彼らの才能や執筆する環境を守り、発展させることに興味がある。彼らが好きな作品を描けなくなったら嫌だから、例えば自民党が提出しようとしている青少年健全育成基本法の改正案について「マンガを規制対象から外して欲しい」って馳(浩)先生に頼みに行ったり、TPPによる著作権侵害の非親告罪化からコミケ文化を守ったりとか。彼ら若手が才能を活かせるように場を整えることがすごく好きなんです。むしろ、私は描くことよりもそっちの能力のほうが高いような気がします(笑)。創作の場を守ったりする活動はすごく面白いし、やりがいを感じるんです。やっぱりマンガの才能がある方は政治や法律に興味がないことが多い。でもそれでいいんです、マンガ家なんだから。その代わりに私は、彼らが自由に好きなものを描けるような活動をしていきたいなと思っています。

──描きやすい環境づくりを。

f:id:pinga_comic:20160308161848j:plain
赤松健

そう。日本のマンガは最強だと思ってますから。でも今韓国とか、シンガポール、中国のマンガ家って超うまいんですよ。海外は規制が厳しいから日本が自由に描ける間は負けないけど、これで日本も規制が厳しくなったら同じ土俵に立つことになる。すると5年以内には負けてしまいますよ。海外のマンガ家は日本のような自由なプラットフォームで創作したいと思っている。だから私たちが日本じゃないとできないことをどんどん生み出して、世界を席巻できたらすごく素敵ですよね。政府にとってもそれが夢。“クールジャパン”っていうと、だいたいアニメかマンガじゃないですか。

──確かに。ちなみに「マンガ図書館Z」は51カ国語に対応していますが、その点について海外から反響はあるのでしょうか?

海外に向けて宣伝をしていないので、今の段階ではそれほど来ていないですね。でもいつでも宣伝をして打って出られるようにはしてあります。というのも……アプリが出ないことには時期尚早かなと。

──アプリ開発は進んでいらっしゃるんですか。

そうですね、「マンガ図書館Z」のアプリを3月末にはリリースする予定です。昨年の12月にSBイノベンチャーさんから「ハートコミックス」というマンガアプリ事業を譲渡していただいて。今は姉妹アプリという形で一緒にやっているんですが、それをAndroid版からリニューアルするという形で進めています。

──アプリが配信されることで変わっていくこともあるんでしょうね。

はい、広告収益もさらに上がっていくんじゃないかと期待しています。新作を掲載しているわけではないので往来のマンガアプリとは違うかもしれませんが、要は図書館……アーカイブする場所ですよね。今後もラインナップを充実させていくために活動していきたいと思います。

作品紹介

UQ HOLDER!
「UQ HOLDER!」

都に行って一旗揚げる! それが近衛刀太のでっかい夢。村長が課した旅立ちの条件は、育ての親であり、優れた魔法の使い手、雪姫を倒してみせること。雪姫に挑戦する日々を送っていた刀太だが、2人の前に現れた賞金稼ぎとの戦いによって、自分が“不死身”の存在であることを知る……! 「ラブひな」「魔法先生ネギま!」の赤松健最新作は、“不死者”たちが躍動する近未来バトルファンタジー!!

» 『UQ HOLDER!』(赤松健):既刊一覧|講談社コミックプラス
» ブックパスでこの作品をチェック!

プロフィール

赤松健(アカマツケン)

1968年生まれ。1993年「ひと夏のKIDSゲーム」で第50回少年マガジン新人賞に入選し、同作がマガジンFRESH(講談社)に掲載されデビュー。1994年より週刊少年マガジン(講談社)にて「A・Iが止まらない!」の連載を開始させる。代表作に「ラブひな」「魔法先生ネギま!」など。現在は週刊少年マガジンにて「UQ HOLDER!」を連載している。