読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイコミ編集部のイチ押しは、鉛筆タッチのショートギャグ「イマジンピープル」

評価の安定したヒット作や大作もいいけれど、新人の成長をイチから見守るのもマンガを読む醍醐味のひとつ。この「新人☆天国(パラダイス)」では、各Webマンガ媒体の編集部にアンケート方式でイチ押しの新人を紹介してもらいます。綺羅星のごとく並ぶWebマンガの中から、一等星を見つけ出しましょう☆彡

今回登場するWebマンガサイトはサイコミ。5月のオープン後から毎日多くの連載を配信し、現在も3カ月連続で新連載をスタートさせている、同サイトの編集部がイチ押しする新人とは?


【新人☆天国】~サイコミ編~
(1)自己紹介をお願いします。

所属:サイコミ編集部、イワ
担当作品:「群れなせ!シートン学園」「神撃のバハムートTWIN HEADS」「ガーデンベール」「255の5コマ」など
趣味:ぬるく自転車乗ったり、ぬるく山に登ったり、ぬるくサバゲーしたりと色んな趣味を三日坊主手前で楽しんでいます。

(2)貴編集部がイチ押しする新人さんの作品を教えてください。簡単なストーリー紹介も合わせてお願いします。

作家名:サム
作品名:「イマジンピープル」

f:id:pinga_comic:20160925092659j:plain

ストーリー:取るに足らない何気ない日常も、きっと想像力ひとつでいくらでも楽しくなる♪ かなり個性的なキャラたちによる、想像力(妄想力?)を駆使したショートギャグ! コントを観ているかのような軽快なテンポで、どんな厳しいシチュエーションも勢いで乗り切ります!?

(3)その作品の成り立ちを教えてください。

実はほかの作家さんからたまたま頂いた、合同の同人誌に載っていたサム先生の作品を読んだのがきっかけです。読んですぐにその作家さんにお願いして、紹介していただきました。

その同人誌にはサム先生のショートギャグが何本か載っていたので、まずは同じノリで読み切りショートギャグをお願いしました。その後、何本か原稿のストックを貯めているうちに編集部でこれは連載にしたほうがいいと決まりました。そのような経緯で、「自由なテーマの読み切り作品」がそのまま連載作品となっております。

制作の流れとしては、最初のアイデアをサム先生に出していただき、そこからマンガとまったく関係ない余計な事柄も含めて、とにかく話し合います。打ち合わせでは余計な話が思わぬアイデアにつながることもあるので、無駄だと思えることも話します。ただ、ギャグは鮮度と勢いが大事だと思うので、編集側ではあまり余計な口出しをせず、読者に面白さが上手く伝えらているか否かを重視いたします。

(4)その作品の主人公は、どんなところが魅力ですか?

オムニバス形式なので特に決まった主人公はおりませんが、テーマの論点が変化するにしたがってキャラまで変貌していく展開が魅力だと思います。たとえば第7話「コワイ話事件」では、学校新聞に載せる怖い話を新聞部の生徒が先生に取材するという状況ですが、冒頭から変な展開になってます。

f:id:pinga_comic:20160925092815j:plain

(5)Webで公開中のエピソードの中で、ひとつ見どころとなるシーンを画像付きで教えてください。

第4話「告白のエチュード」に登場する男の子が、好きな女の子へ“プレゼン”するシーンです。放課後の屋上、好きな女の子を呼び出し絶好の告白タイム、なのに「どうしてこうなった?」という展開が見どころです。

f:id:pinga_comic:20160925092843j:plain

(6)マンガにできなかったボツ案、ここだけの裏話などあれば教えてください。

ここだけの話ですが、第3話「俺達のASOBI」が最初にできた原稿です。次に第2話「決戦ダストシュート」、そして第1話「ごはんとパン編」と、原稿が完成した順と掲載順が逆になっております。これは掲載直前まで、作風に合ったタッチになるよう、サム先生に絵柄を何度も試行錯誤を繰り返して調整してもらったためです。

結果、現在ご覧いただいているような鉛筆タッチを活かした作風になりましたが、サム先生が一番苦労した点ではなかったでしょうか。

(7)今後の展開についてと、読者に注目してほしいポイントをお願いします。

サム先生の「イマジンピープル」は、キャラ同士の掛け合いをコントのごとく“ノリ”と“勢い“で魅せるショートギャグなので、ゆるっとお気軽にお楽しみください!

(8)ほかの編集部で、注目している新人の作品はありますか?

ふんわりジャンプさんで連載されている、コニシリュウイチ先生の「言ったよきいちゃん!アンバンナブル」です。勉強不足で申し訳ないのですが、4コマでのテンポのよさとツッコミの速さはピカイチだと思います。


サム「イマジンピープル」が気になった人は、Pingaのお気に入りに登録して最新話をチェックしてみては。次回は、どんな新人マンガと出会えるのかお楽しみに!