テレビアニメ「ReLIFE」を原作者・夜宵草はこう見た!

9月に惜しくも放送終了したテレビアニメ「ReLIFE」。本作は元会社員のニート・海崎新太(27歳)が謎の薬によって若返り、1年間高校生活を送る社会復帰プログラム「リライフ」に参加するという物語です。

www.youtube.com

Pingaでは放送終了にあたって、comicoで原作マンガを連載中の夜宵草さんに、アニメ版「ReLIFE」にまつわるあれこれを聞いてみました。

relife-anime.com

(1)自己紹介をお願いします。

夜宵草(やよいそう)です。大分県出身で、現在も大分で執筆活動を続けています。以前はOLとして働きながらマンガを描いていましたが、次第に両立が難しくなり専業の作家となりました。現在は、comicoにて毎週土曜日更新の「ReLIFE」を連載しています。

(2)アニメ化が決まった際の率直な感想を教えてください。

アニメ化決定の連絡が来た時点では現実味があまりなくて、「なんだかすごいことに……」と、他人事のように感じていたように思います。信じられない思いでした。

その後、アニメの制作が進行するにつれ、少しずつ実感が湧いてきました。読者さんに喜んでいただけるといいな、と、ドキドキワクワクしていました。

アニメ化に関しては、企画、制作に携わってくださった関係者の皆様、応援してくださった読者の皆様に本当に感謝しています。

f:id:pinga_comic:20161006131947j:plain

(3)アニメ制作にはどの程度関わられましたか?

送っていただいたシナリオ・キャラクター案などについてチェックをし、多くの質問に答えていくことで、深いところまで「ReLIFE」の世界観を表現してもらえたと感じています。本当に細かいところまで聞いてくださって、質問と回答をやり取りすることで原作の方もより深く考えられ、よい相乗効果があったように思います。

シナリオ会議については、私が大分に住んでいることもあり、毎回参加するというわけにはいきませんでしたが、何度か監督さん、シナリオ作家さんと直接打ち合わせをさせていただきました。初の体験だったので緊張しましたが、「ReLIFE」について色々な角度から語り合うのは、とても楽しい時間でした。お会いできないぶんはメールで密なやり取りをしました。

アフレコの見学もさせていただいて、声優さんたちの迫力、演技にとても感動しました。声優さんたちのサイン入りの台本を頂いて、家宝になっています。とても思い出深いです。

アニメのDVD、Blu-ray化にあたっては、全巻収納BOX用にイラストを描き下ろしたりなど、制作はもちろん、それ以外でも色々と関わらせていただきました。とても忙しかったですが、本当にスタッフみなさんが温かく、楽しく、終わってしまって寂しいなぁ、と感じています。

(4)アニメの中で特に好きな1話と、キャラクターをそれぞれ教えてください。

原作に忠実にやっていただいているので選ぶのが難しいのですが、やはり最終話の第13話です。

花火の描写が本当にキレイで、ネタバレになってしまうのであまり言えませんが、キレイな花火に合わせてぞくりとするような演出もあり、「ReLIFE」が夏アニメだったこともあって、終わってしまうのが切なくも、楽しいひと夏のよい思い出だったな、と思える回です。

f:id:pinga_comic:20161003164216j:plain

キャラクターについては、やはり生みの親なのでみんなかわいくて選べないです。みんな好きです。

(5)主題歌についてコメントをお願いします。

オープニングテーマの「ボタン」は、「ReLIFE」の世界観にぴったりの切なくも前向きな楽曲でとても気に入っています。

www.youtube.com

また、エンディングテーマも奥田民生さんの「イージュー★ライダー」や、T.M.Revolutionさんの「HOT LIMIT」など、各話ごとに違う2000年前後に流行したヒット曲が流れるので、毎回放送を楽しみにしていました。

www.youtube.com

(6)アニメで描かれた範囲以降の、原作の見どころを教えてください。

見どころと言われると難しいのですが、成長していく海崎さんたちを精一杯描ききりたいと思いますので、温かく見守っていただけると嬉しいです。

(7)監督から原作者にコメントをお願い致します。

夜宵草先生

アニメシリーズの各チェック作業どうもありがとうございました。

今後の展開や各キャラクターの細かな心理の確認など、事細かに聞いてしまっていて、連載の原稿がある中、かなり手を煩わせてしまっていたと思います。質問を投げかけるたびにきっちりとわかりやすく、時にフランクにご回答いただけて、しかも尺の縛りがあるアニメ側の流れも考慮してくださっていたりと大変ありがたい状況で作品を作ることができました。

物語の芯の部分がブレずにできあがっている中で、楽しみながら作品を作り上げている印象で、ファンの皆さんに愛されるキャラクターが生まれるのもよくわかります。

「ReLIFE」で監督業をさせていただけたのは大変光栄ではありましたが、正直プロットで先の展開を知るのではなくて普通に読者、視聴者として楽しみたい作品であるとも強く感じました。特に被験者001の正体とか!!今回仕事の話をいただいた時にすぐに知らされてしまって。作業が半分以上進んだころでもまだまだ連載で明かされていない部分だったので、間違っても情報が漏れないようにと気を配ったり……なによりも漫画を読んでビックリ衝撃を受けたかったです!

「ReLIFE」はキャラの立ち位置や印象が途中(アニメなら6話や13話)でぐるりと変えられてしまう作品なので、二度目以降が違った視点で楽しめるんですよね。その一巡目の楽しみが味わえなかったのは惜しい人生でした。無駄に熱い想いを語り出し長くなってすみません。

草先生のアニメ感想を伺えるということで、このアンケート記事も楽しみ。一緒にお仕事できてよかったです。できることなら原作どおりに続編を作りたい! これからのマンガ「ReLIFE」の続きも毎週楽しみにしております。頑張ってください。

監督・小坂知


なお、「ReLIFE」のアニメ版のBlu-ray / DVDが8月から毎月リリースされているほか、アプリ・comico内のReLIFEチャンネルではアニメ全話に加えてラジオやボイスドラマなども公開されています。もちろんcomicoでは、原作も連載中。さらに2017年には中川大志さんと平祐奈さんを主演に迎えた実写映画も公開される予定です。アニメ版を気に入った方は、これらもぜひチェックしましょう!

f:id:pinga_comic:20161003164850j:plain
【ANIPLEX+】ReLIFE 1

relife-movie.jp