comicエスタス編集部のイチ押しはDIY女子の日常もの「ものつく~手作り生活、はじめました。~」

評価の安定したヒット作や大作もいいけれど、新人の成長をイチから見守るのもマンガを読む醍醐味のひとつ。この「新人☆天国(パラダイス)」では、各Webマンガ媒体の編集部にアンケート方式でイチ押しの新人を紹介してもらいます。綺羅星のごとく並ぶWebマンガの中から、一等星を見つけ出しましょう☆彡

今回登場するWebマンガサイトはcomicエスタス。2016年9月にオープンし、隔週でバラエティ豊かな作品を配信している同サイト編集部がイチ押しする新人とは?


【新人☆天国】~comicエスタス編~
(1)自己紹介をお願いします。

エスタス編集部のKです。comicエスタスでは、ミヤハラミヤコ「ものつく~手作り生活、はじめました。~」、柏木香乃「モラトリアム★男子めし」、未浩「オトシアナ ~這い上がってきたらすべてをあげる。~」を担当しております。

(2)編集部がイチ押しする新人さんの作品を教えてください。

ミヤハラミヤコ先生の「ものつく~手作り生活、はじめました。~」を紹介させていただきます。

f:id:pinga_comic:20170220185246j:plain

桧由は東京生まれ東京育ちの25歳。スローライフに憧れ長野に移り住むことを決意したのだが、彼女を待っていたのは、ボロの借家と家具を一から作る“物作り生活”!? 都会っ子のDIYな田舎暮らしが始まる――!

脱サラ女子が田舎の住人たちに励まされながら、意外と厳しい田舎ライフを過ごすDIY日常漫画です。

(3)作品の成り立ちを教えてください。

comicエスタスを立ち上げるにあたり、「どういった作品を載せたら人気が出るのか」という話になり、出てきた案が日常系でした。日常系という幅広いジャンルで戦っていくために、少しパンチのある言葉が欲しく……“DIY女子”という言葉を選んだように思います。

正直、私はDIYをやったことがなく、ミヤハラさんも同じでした。なので、最初はDIY女子のTV(某番組のセレブお嬢様)を観てもらっていたと思います。今ではミヤハラさん自ら、DIY系のワークショップに申し込んで、知識を増やしていただいているので……非常に助かっています(汗)

(4)主人公の檜前桧由は、どんなところが魅力ですか?

f:id:pinga_comic:20170220185302j:plain

DIYで作品ができれば笑って喜ぶし、小さなことですぐに凹んでしまうしと、普通の女性という所が魅力になればと思っております。そのため衝動的に動く事もあり……会社の上司をビンタしちゃうなんてシーンを入れて、人間味を出してもらっています。

f:id:pinga_comic:20170220185319j:plain

ヒノキを通じて、女性読者さんに自己投影してもらったり、共感してもらえたりしたら嬉しいです。

(5)Webで公開中のエピソードの中で、ひとつ見どころとなるシーンを画像付きで教えてください。

やはり、DIY作品が完成するところでしょうか。作品の工程で見せる木材などの質感も、ミヤハラさんがこだわって描いています。また、物作りが好きなヒノキが、笑いながら作っている姿にも注目してください。

f:id:pinga_comic:20170220185344j:plain

(6)マンガにできなかったボツ案、ここだけの裏話などあれば教えてください。

裏話としては、1話の構成に一番時間がかかった事でしょうか…。掲載版では、半年後の田舎暮らしを楽しむヒノキを描いてから、会社を辞める経緯を描いております。

しかし、当初は会社での嫌な描写を多めに描き、暗い物語のスタートで構成にしておりました。暗く重いストーリーを読まされたら、読者さん的にも続きは読みたくないと思うので、明るく楽しい田舎暮らしを先に描いて正解だったと思っています。

(7)今後の展開についてと、読者に注目してほしいポイントをお願いします。

“スギ”という男性キャラの過去が少し明らかになります。スギとボロ屋の関係について描かれているので、注目してください。

(8)ほかの編集部で、注目している新人の作品はありますか?

ふんわりジャンプで連載されているトミムラコタ先生の「ぼくらのLGBT」でしょうか。

なかなか切り込めない“性”の話ながら、うまい具合に笑いどころを挟んで重さを感じさせない所がニクイですね。コタ先生が出会った方々も幸せそうに描いているので、読んでいて朗らかな気持ちになります。

縁があり、お話させていただきましたが……芯の強さと気だるさが同居したような方でした。


ミヤハラミヤコ「ものつく~手作り生活、はじめました。~」が気になった人は、Pingaのお気に入りに登録して最新話をチェックしてみては。次回は、どんな新人マンガと出会えるのかお楽しみに!