都道府県×イケメン化×バトルロイヤル!「四十七大戦」一二三インタビュー

「てーきゅう」「ヤマノススメ」などのアニメ化タイトル、「小説家になろう」発の人気作をコミカライズした「人狼への転生、魔王の副官 始動編」「同 はじまりの章」「私、能力は平均値でって言ったよね!」、ファンに焦点を当てた変わり種のスポーツもの「サポルト! 木更津女子サポ応援記」「好角家 愛敬紗英 今日の一番」など、話題作を多数擁するコミック アース・スター。今回は粒ぞろいの同サイトの作品から、ピンガ内で特に人気の高い「四十七大戦」を手がける一二三氏に話を伺ってみた。

一二三 インタビュー

Q1. 「四十七大戦」はピンガ内で2016年にもっとも読まれた10作品のひとつとなりました(参考:今年もっとも読まれたWebマンガは? ピンガベストヒット2016)。率直な感想を教えてください。

純粋に驚きました。

Webマンガは1話が話題になってもその勢いが続くことは少ないので、何カ月も追ってくださっている方がちゃんといらっしゃることにただただ感謝しかありません。

Q2. 「四十七大戦」は設定のユニークさが光りますが、どこから着想を得たのでしょうか?

「スター●ックスの導きで戦いが始まる」という設定は最初期にふざけて作ったものです。今の担当に「都道府県擬人化をやりたい」と伝えたところ、とりあえず仮案でいいので何か企画を作ってみてくれと言われ、風呂に浸かりながら30分で考えた設定でした。

f:id:pinga_comic:20170208172252p:plain

当時はまだ人口を奪い合う設定もなくぼんやりしたもので、まさか本当にこれでマンガを描くことになると思いませんでした。

Q3. 主人公を鳥取県にした理由を教えてください。

先の仮案はあくまで仮だったので、あとから人口問題や各県の関係などを色々と調べて考えていきました。その中で、出生率の高さやPRのユニークさなどかなり時代に合った戦い方をしている印象があり、主人公は鳥取県となりました。

仮案でもスターバックス最後の出店県ということで鳥取を主人公に据えていたので、そのネタをそのまま使って今に至ります。

Q4. これまでに公開されたエピソードから、お気に入りの1話を教えてください。

1話は作画的にも設定的にも一番大変だった分、思い入れが大きいです。ファンタジーな舞台を一から作り上げるのは楽しかったのですが、どういう反応が来るかわからない不安もあり、両方の意味でドキドキしながら描きました。

それと2話は生まれて初めて訴訟に怯えながら描いた話なので、別の意味で感慨深い気持ちがあります。

f:id:pinga_comic:20170208173222p:plain
Q5. 「四十七大戦」連載開始後、印象的だった反応を教えてください。

全ての都道府県を均等にイジる必要があるので、どの回も県民の方に怒られないか冷や冷やしつつ描いています。しかし当の県民の皆様からはイジった分だけ「ありがとうございます」というリプライが来るので、SMプレイか何かをしているようで困惑しました。

これからも各地域には敬意を払いつつ、しっかりイジっていくつもりです。

Q6. 「四十七大戦」には各県のややマニアックな名産やネタも登場します。これらはどのように調べ、盛り込んでているのでしょうか?

最初はあるあるネタや統計を調べるところから入って、そのあと県民(出身者)の方にお話しを聞いたり、実際に行ったり食べたりしています。

現地の居酒屋などで隣の席になった人と話が盛り上がって、そこから教えてもらうことも多いです。

Q7. 「四十七大戦」のキャラクター作りにおいて、こだわっている点や注意している点を教えてください。

他の題材であればメインキャラとモブキャラでデザインの力の入れ方に優劣をつけられるのですが、このマンガはどのキャラも絶対にモブ扱いできないので「これはこれでファンが付いてくれるように」ということを意識して作っています。

それと自分の描きやすいキャラクターばかり描いていると確実にネタが尽きるので、極力キャラの性質(チャラいタイプ、優等生タイプなど)にバリエーションを持たせようとは思っています。眼鏡など個性を出しやすいアイテムはつい多用してしまうので、なるべく同じアイテムを持っていても違う印象になるよう気を付けています。

f:id:pinga_comic:20170208173230p:plain
Q8. 一二三先生の出身はどちらでしょうか? 差し支えなければ教えてください。

私の出身はエロマンガ島の近くにあるギャグマンガ島というところなので日本に出身地はありません。個人的に描いていて親近感を感じるキャラクターは鳥取、島根、これから登場する県の中だと滋賀、岐阜です。

Q9. 今後の物語はどこまで考えているのでしょうか? 明らかにできる範囲で教えてください。

ざっくり3巻くらいまでのプロットと終盤の構想を考えていますが、3月11日に発売される1巻が売れなかった場合を考えて2巻で完結するルートも用意しています。

2巻完結のルートはちょっと力技な締め方なのでできれば描きたくないです。

Q10. 今後、作品として希望する展開があれば教えてください。

単行本の売れ行き次第なところもあるので、とりあえずアニメ化して頂けるところまでいけたら嬉しいと思っています。ただ、個人的に演劇がとても好きなので、もし連載を続けられたら2.5次元舞台化してマンガではできない面白いことをやりたいです。

あと本作は地方創生マンガなので、町おこしに協力できるコラボやイベントができたらいいねと連載前から担当と話しています。

Q11. ほかのコミック アース・スター作品で好きなものがあれば教えてください。

全てに目を通したわけではありませんが、連載中の作品の中では「のーどうでいず」や「血潜り林檎と金魚鉢男」が好きです。街や世界の空気を緻密に表現する作品は惹かれます。

Q12.最後に、更新を楽しみにしている読者へのメッセージをお願いいたします。

いつも読んでくださり本当にありがとうございます。このあともたくさんの県が活躍できるよう色々なエピソードを用意しています。重い描写もありますが、基本的にはどの都道府県も好きになってもらえるような楽しい作品にしたいと思っているので、単行本、連載ともにこれからもどうぞよろしくお願いします!

「四十七大戦」1巻の購入はこちらから!(Amazon)